兄ぃと呼ばれて

~セカンド・シーズン

Articles

昨日のキジのうっ憤を晴らすべく、今日は久しぶりにカルガモ2羽をゲット!

昨日は、あわやキジゲットの惜しい場面があり、私としては納得していたものの口惜しさのあまり夜も充分に眠ることができませんでした。

そんなことから今朝は目覚めも良くありませんでしたが、妻が今日サークルの会に出席するということもあって、私も昨日のリベンジのつもりで久しぶりに某市に出かけました。

午前10時に某市へ向けて出発進行。
この場所は昨シーズンにカルガモを1羽獲っていますが、色々なことがありその後しばらくはこの場所には行っていませんでした。

約1年ぶりのこの場所に着いてビックリ・・・。
昨シーズンまでは河川の堤防には多くの雑木が生えていましたが、今年はこれらの雑木が全て刈り取られて丸坊主の状態・・・。
当然のこととして、こちらからは水面で泳いでいるカルガモが丸見えの状態で、カルガモにとってもこちらの状況が丸見えの状態です。

そんな中で堤防を歩いていると2羽のカルガモが泳いでいるのが見えました。ただ、今日の午前中は風が強く川上から川下に強く吹いています。
そんな風の計算も忘れて風上に向かってカルガモを当てましたが、疾風は風邪に煽られて案の定、カルガモの体をチップしただけで獲り逃がしてしまいました。
この教訓を頭に入れて2回目は風上から風下に向かってカルガモを当てたところ、見事にエアーキャッチ。急いで川に入り据え上げをして難なく1羽目をゲット。

獲ったカルガモの首蔓を食べさせていましたが、散歩している人がどんどんと集まってきて「鷹狩り」の世間話をすることになり・・・。
5~6人の人垣ができて「鷹狩り」の話をウンチクと・・・。
そんな話をしていると1人の人から「実際の鷹狩りが見てみたい」とリクエストがあり、疾風の羽の乾いた頃を見計らって次の「カモ狩り」をお見せすることに・・・。

場所は今獲った所から橋を挟んで50mほど下流側。
先程獲ったにも拘らず、下流側では悠々と多くのカルガモが泳いでいます。
カルガモに疾風の姿を見せないようにして堤防を歩いてカルガモにアプローチ。
5~6人の見学者は橋の上から見学することになり橋の欄干から体を乗り出しています。

あちこちにカルガモがいますが、お客様にも見えやすいように一番手前のカルガモの集団にアプローチ。
2羽いたカルガモですが私が堤防を下りてアプローチすると、手前の草陰にいたカルガモも出て来て全体では3羽の集団。
風下に向けて投げられるように幾分風上に近づくと3羽のカルガモは一斉に首を風下に向けて方向転換。その時を狙ってプレッシャーを掛けるとカルガモは一斉に風下に向かって飛び立ち、その瞬間を狙って疾風を羽合わせると上空に向かって1羽をエアーキャッチ。そのまま土手に落ちましたがカルガモは強引に川の中へ疾風を引きずり込みます。

私は急いで川の中に入り据え上げに行きますが、川の中へ引きずり込まれた疾風は羽をバタつかせて浮力を得ようとしていますが、大きなカルガモに引きずり込まれて疾風の顔は2回、3回と水中に引きずり込まれてあわや溺死寸前の状態。この間10秒足らず。
そのような状態になっても鷹の本能というべきか、疾風はカルガモを離しません。
ようやく追いついた私はすぐにカルガモの足を掴んで疾風と一緒に据え上げて土手の上へ・・・。
疾風はガッチリと「頭取り」をしていましたが、そんな状況でも疾風を水中に引き込もうとしていたカルガモの執念にはただ驚くばかりでした。

この一部始終を見ていた見学者の方々からは、「鷹狩りを初めて見た」、「オオタカはすごいねぇ。自分よりもこんな大きなものを獲るんだから~。」と喜びの声を聴かせて頂きました。
カルガモ2羽ゲット

こうしてほぼ同じ場所で2羽のカルガモをゲット。この調子では「今日は一体何羽獲れるのか?」とも期待が膨らみましたが、羽の濡れている状態ではその後は狩りになりませんでした。
その後何回か羽合わせをしましたが、完全に獲れる状態でありながらも疾風は獲物をスルーして木の上へ・・・。
やはり次の獲物を狙うには完全に羽が乾いた状態でないと無理なようです。

その後、場所を変えカルガモにアタックしましたが、どれも掴みが浅くて捕獲には至りませんでした。
そして最後にコガモを狙いエアーキャッチしたものの、幾分掴みが浅かったせいか水中に落下する時に逃げられてしまいました。
もったいなくて口惜しい~。

鷹狩りに「たら、れば」は禁句ですが、今日は私の「羽合わせ」がしっかりしていればカルガモ4羽、コガモ1羽が獲れた勘定になりますが、そうは問屋が卸さない所が「鷹狩り」の冥利といったところか。

それにしても、昨日のキジの獲り逃がしを思うと今日はそのうっ憤を晴らすにはもってこいの一日ではなかったか。
何となく胸のつかえが取れた感じです。

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/ まとめ