兄ぃと呼ばれて

~セカンド・シーズン

Articles

超メタボになった宙ちゃん、体重調整のため急きょ10日間の「詰め」へ!

塒入りしてからはコンスタントに毎日1羽の鶉を与えていたハリスホークの宙ちゃんですが、体重が1030gから更に上がり1130gまで上昇したため、急きょ「詰め」に入りました。

9月に入り涼しい日も多くなったことから、日中の気温が28度までの比較的涼しい日には、宙ちゃんを日陰の駐車場から日当たりの良い庭先に移動していました。
この移動時にあまりにも宙ちゃんが重く感じられまるでメスのオオタカを据えているほどの重さに感じられたことがありました。

念のため丸48時間(2日間)餌を抜いて体重を測定したところ、なんと1130gにもなっていました。
人間でいえば「超おでぶちゃん」で成人病発症の原因ともなりかねない状態です。
肉色当てをしてもどこに竜骨があるのかわからない状態でたっぷりと皮下脂肪が付いた状態です。
まだ尾羽や雨覆い羽根が抜けている状況ではあったものの、心筋梗塞になっては大変ということで9月20日から京都旅行をすることを契機にとりあえず様子見として「10日間」の「詰め」を行つています。

詰めを開始して8日目の昨日、体重を測定してみると980gでようやく1000gを切ったところ。
1日に20gほど減になることを思えば大体予想通りの体重です。この後最終的には600g程まで(限界体重は580g)落としますから単純計算でもあと20日弱はかかります。
最終的には超メタボ体重の5割近くまで落とす計算になります。
野生ではこのようにメタボな体重の鷹はいませんから、体重を落とすにしてもフル体重のせいぜい3割5分~4割が精一杯ではないでしょうか。
水浴び中の宙ちゃん

昨日は数か月ぶりに「水浴び」をさせてやりましたが、宙ちゃんは喜んでたっぷりと水浴びをしたため水面は羽軸の粉で真っ白に・・・。
700gほどまで落ちたら今度は飛ばしながら筋力を着けつつ少しづつ体重を減らしていこうと思いますが、あくまでも宙ちゃんの状況を見ながらの調教となりますが・・・。

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/ まとめ