兄ぃと呼ばれて

~セカンド・シーズン

Articles

オオタカ・佐助の後を追ってフクロウが!

ここ数日は毎日暑い日が続き、特に先週は日本列島全体で真夏日を記録するなど5月とは思えない暑い日が続きました。

そんなことから最近では鷹を飛ばす時間は早朝の涼しい時間帯に飛ばしています。
先日も午前6時頃からオオタカ・佐助を団地下の谷津田で飛ばし終えて家に帰ろうとした時のことでした。
佐助を桜の木に止めて私が歩き出し100mほど先で呼ぼうとしていましたが、佐助は私の姿がどんどんと遠くなることに我慢できずに飛んできて私をスルーして杉林の中に止まりました。

私が農道から杉木立の中を見ると佐助が杉の木の枯れ枝に止まっていたため、暫く様子を見ていましたが異様な気配は全くありませんでした。
そして佐助を手に呼んだ時のことですが、佐助がこちらに向かって飛んでくると同時にその後ろから音もなくフクロウが佐助を追って飛んできたのです。

佐助が私の手に止まった後、フクロウは私の手前3mほどで上空に旋回して再び杉林の中に消えていきましたが、この林でフクロウを初めて見たためびっくりしました。

フクロウは大きさからして通常日本本土のどこにでもいる「ウラルオウル」と思われますが、それにしても見たのは一瞬でしたがあまりの白さにびっくり仰天。
一瞬、白メンフクロウかと見間違えるほど顔や胸が白く見えたからです。ただ、大きさや目がクリッと丸く見えましたから間違いなくウラルオウルだと思いますが、一瞬とは言え何しろ白く見えましたから・・・。

図鑑等で見る日本のフクロウ、ウラルオウルは羽が茶色系統で胸にも茶色っぽい縦腑がありますが、この時は全く気が付きませんでした。

このフクロウは夜中の間、この林で餌を探していたのかもしれませんが、佐助を追って飛んできたということは佐助を狙っていたのかもしれません。
ただ、フクロウがオオタカのような大きな鳥を餌として狙うことがあるのかどうか、フクロウのみが知るところですが、鷹匠仲間ではハヤブサがフクロウに襲われたという話を聞いたことがありますから今回もあながち狙っていたのではないかと思われます。

今回と同じようなフクロウを以前に一度だけ見たことがあります。
それはオオタカ佐助を調教していた時のことですが、調教初期段階で夜中に佐助を据えて「夜据え」をして団地の公園にいた時のことです。
私が公園の鉄棒に寄りかかり照明の前で据えていると、公園下の雑種地(休耕田)からフワァ~とフクロウが飛んできて公園のフェンスに止まりました。

その時の私との距離は5mほどの近さ。
フクロウも私がそこにいることにびっくりしていましたが、中々逃げようとしません。
この間5~7秒ほどの時間で、至近距離ではっきりとフクロウを観察しましたが、この時もやはり目がクリッとして丸く、顔が白く風切り羽も白メンフクロウの羽の色のように黄色味の掛かったような白さに感じたものです。

つくば市の「市の鳥」はフクロウ(ウラルオウル)。
このことからフクロウはどこにいても不思議ではないのですが、ただ、色があまりにも白かったので気に掛かっているのですが・・・。

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/ まとめ