FC2ブログ

兄ぃと呼ばれて

~セカンド・シーズン

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エガケにスムーズに止まれない。「とう立ち」したオオタカは調教が中々困難なのは私だけでしょうか!

白オオタカのロシちゃんを調教させて頂いているものの、中々調教がスムーズに行きません。

夜据えによる据え回し、昼の据え回し、渡り、カモ狩りによる実践的な調教と進めてきましたが、どうにも納得がいきません。

「渡り」で木に投げても木の枝に止まる時の下手なこともありますが、問題は私がエガケに呼んだ時です。
ロシちゃんは弟鷹(ダイ・メス)ですから、兄鷹(ショウ・オス)よりは反応が幾分悪いことは承知していますが、私が呼んで木から私のエガケに飛んでくる時の状況が未だ以って納得いきません。

病み上がりでまだまだ本調子の体調ではありませんが、今日は天気が良かったので団地下で「渡り」を行いましたが、つくづく飛び方、止まり方、ブレーキの掛け方が下手なのにがっかりとしました。

私が口餌を見せて呼んでも、木から飛び出すときはようやく下に滑空してその後滑空しながら水平に飛んできてエガケに向かってきますが、本来であればそのまま低く滑空を続けてエガケに近づくと翼と尾羽を使ってブレーキをかけて静かにフワァ~とエガケに止まりますが、ロシちゃんは未だにそうではありません。

地上を滑空するときはまだ高く滑空することもありますが、エガケに近づいた4~5m先からバタバタと羽ばたきを強めてどんどんスピードを増してエガケに止まろうとします。その結果、エガケに止まることはできずスピードが余ってエガケに止まり切れずスルーするか、エガケに止まったままズッコケてしまい、いったん地上に落ちた後ジャンプアップでもう一度エガケに止まり直しをします。
エガケに止まる時はガツ~ンという感じの衝撃です。

私が木に投げて飛んで行った時、木の枝に止まる時も、またもり上がりやブレーキの掛け方を習得していないように感じます。

もう3か月近くも「渡り」で同じような状況が続いていますが、回数を重ねれば治るだろうと思っていましたが、未だにこのような状況です。

やはり、若鷹から丸6年間も全く飛ばさせてもらえなかったことを思えば、ロシちゃんも木に止まること、エガケに止まること、翼や尾羽を使ってブレーキを掛けることを覚える機会に恵まれなかったのではないかと思われます。
そういう意味では丸6年の軟禁生活を送らざるを得なかったロシちゃんが可哀想でなりません。
今年、7塒(丸7歳)を迎えたロシちゃんは、人間にしてみれば20歳前後の年齢。
この年になって若鷹のように飛べと言っても6年間の軟禁生活を送ってきたロシちゃんには無理があるような話ではないでしょうか。

人間でもまだ若い赤ちゃんや2歳児までを養子に迎えれば養父、養母に懐きますが、中学生になって養子に迎えても養父や養母に懐かないのと同じで、ロシちゃんにしても据え前に飛んでくることはあっても飛び方までは中々すぐには覚えられないのではないでしょうか。

人間でもそうですが、同じ結婚をするのであれば若い者同士が好き合って情熱が燃え上がっている時に結婚することが一番と思いますが、婚期を逸した40歳を超えた人同士が結婚をするとなると、経済的なそろばん勘定を念頭に相手を選ぶことが主眼となるため、どうしても相手が決まらなくさらに婚期を逸することになるのではないでしょうか。
このように、鷹も人間も年齢を経て「とう立ち」したものに初心を教え込むことはなかなか困難なように感じます。

ロシちゃんは「渡り」を相当回数こなしており、もう顔面を攻撃してくることはなくなったように思えますので、これからはピースミートや餌合子で調教してみたいと思っています。
どこかの団体の説明によれば、餌合子で調教するとフワァ~と手に止まるといっていますので、この方法で試してみたいと思っています。

この白オオタカのロシちゃん、私がこれまで調教した結果ではあまりにも気が荒いので、まだ他の人の顔面を攻撃しては大変ということもあり、他人との「振替え」をしたことがありません。
しかし、「渡り」をこなしてきた結果、エガケに着くようになってきましたので、これからは他の人と「振替え」をしてブレーキのかけ方を習得するような調教を目指していきたいと思っています。

トラックバックURL

http://ryansotamura.blog104.fc2.com/tb.php/392-0df7cfc8

この記事へのトラックバック

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/ まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。