FC2ブログ

兄ぃと呼ばれて

~セカンド・シーズン

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日は強風、突風のため「渡り」が出来ず。このためルアーの新調を!

最近は白オオタカのロシちゃんの「渡り」を重点的にしています。

飛んできた時にエガケにフワァ~と止まることがまだ一度もなく、どちらかと言えば「ドス~ン」と、あるいは「バシィッ」と、または「ドカ~ン」という表現のように勢い良く止まります。というよりは、勢い余ってエガケに止まり切れず、エガケにぶら下がったり、スルーすることの方が多いのではないでしょうか。

このことを解決しようと、最近は高さ50センチの架に止めたまま30mほど離れたところからピースミートで呼んでいますが、ピースミートでは相変わらずで全く効果がないようです。
猟期が終わった後でこんどは餌合子で呼んでみようと思っています。
「とうが立った」オオタカのため、今更フワァ~とエガケに止まることにそれほど期待はしていませんが、とりあえず出来ることはすべて試してみるつもりです。

そんな白オオタカのロシちゃんですが、昨日は強風、突風のため全く外に出られず・・・。
そんなこともあり、これまで使用していたルアー(疑似餌)が幾分痛んでいたため、新たなルアーを作成してみました。
今度作成したのはこれまでのものよりも長さを2cmほど短くして、また中の重りも釣り用の15号錘から12号錘の代えて幾分軽くしてみました。
ただ、出来上がったルアーを計ってみると全体の重さは殆んどこれまでのものと差がありません。
新調したルアー

今日は風もなく穏やかな天気だったので、早速団地下の田んぼで試してみました。
普通に「渡り」を15本ほどした後、木に止めたロシちゃんに対して「ホイ~ッ」と掛け声をかけてルアーを振ると、「渡り」では反応が鈍いロシちゃんですが「ルアー」に対しては即反応して木からルアーを目掛けて飛んできます。

出来るだけ引き付けて、5~7mほどの距離に近づいたときに思いっきり上に向けて振り上げると、上に上がったルアーを目掛けてロシちゃんが競り上がりエアーキャッチして田んぼに下ります。
田んぼに下りるというよりも、ルアーに使用しているミニ忍縄の長さが11mしかないため、遠くに行こうにもミニ忍縄が突っ張ってしまい、それ以上遠くには行けないようにしているわけですが・・・。

これまでは、ルアーにはコガモの羽を使用していましたが、今回はコジュケイの羽に変えてみました。しかし、反応はこれまでとは全く変わりません。

これからの調教でも、「渡り」や「振替え」の最後にはルアーによる「振り鳩」で締めようと思っています。

トラックバックURL

http://ryansotamura.blog104.fc2.com/tb.php/393-02071533

この記事へのトラックバック

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/ まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。