兄ぃと呼ばれて

~セカンド・シーズン

Articles

5月に入って初夏のような日が続き、鷹にとっては過酷な日々が!

長かったゴールデンウイークもようやく終わり、皆さんもようやく正常な生活の戻ったのではないでしょうか。

私は例年と同じく孫のところへ行ったり、根津権現(根津神社)への「つつじ祭り」と亀戸天神社への「藤祭り」に行ってきた他は、5月3日にプチイベントに参加してきました。

このイベントでは白オオタカの「ロシちゃん」とハリスホークの「宙ちゃん」を連れていきましたが、ロシちゃんのフライトではお客様との距離が7mほどと近く、さらには立ったり座ったりする子供たちが多くいたこともあり、興奮したロシちゃんが上手く飛べなかったこともあり、幾分不満も残りましたが、最後に宙ちゃんがしっかりと纏めてくれたので、お客様にとっては満足のいくゴールデンウイークになったのではないかと思っています。

ロシちゃんは通常よりは3日間の「詰め」をして相当肉色を低くして臨んだものの、結局手から逸れて近くの木に止まりましたがすぐにルアーで降して事なきを得たところでした。
ただ、お客様にとっては「白オオタカ」を初めて見た方が殆んどで、白オオタカをお披露目したこと自体がイベントとしての内容を十分にクリアーできたのではないかと思っています。
白オオタカのロシちゃん1

イベントの最後にはハリスホークの宙ちゃんが色々と数多くに演技をしてくれ、しっかりと最後を締めてくれましたが、宙ちゃんの演技の幅、引き出しの多さには今回フランスから来日した、「フランスの鷹匠・ビンセント」さんも大変感心されており、「私もフランスでのイベントの参考にさせて頂きます」とのお言葉を頂きましたが・・・。

圧巻はイベントでのショーが終わった後の「ふれあいタイム」では、ショーでの「鷹匠体験」が出来なかった多くの子供たちが行列を作り、結局50名以上の子供たちに「鷹匠体験」をして頂くとともに、「鷹の羽根」のプレゼントをさせて頂きました。
まだ多くのご希望のお客様も残っていましたが、予め70ピースに切った口餌がなくなったため終了とさせて頂いたところです。

宙ちゃんの素嚢は餌で大きく膨らみパンパンになっていました。しかし、まだ10名ほどは行けそうな状況ではありましたが・・・。

イベントが終わった後にご褒美としてたっぷりと餌を与えて2~3日ほど休ませましたが、この3日間ほどは毎日飛ばしているものの、気温が初夏の陽気のようなので白オオタカにとっては幾分酷なようでもありますが、終わった後には十分水分補給をしてケアーしているところです。

明日は幾分気温も低いようなので白オオタカ、ハリスホークとも飛ばして、シーズンでの残り少ない「ふれあい」を楽しみたいと思っているのですが・・・。

トラックバックURL

http://ryansotamura.blog104.fc2.com/tb.php/402-56d02a81

この記事へのトラックバック

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/ まとめ