兄ぃと呼ばれて

~セカンド・シーズン

Articles

60代最後の「フライトフェスタ2017」に参加して!

去る3月5日に千葉県野田市の関宿城公園広場で「第15回フライトフェスタ2017」が開催されました。

当日は好天に恵まれてイベントには最高の日和となりました。
毎年開催されるとあって、最近ではカメラマニアの方が多く見られて巨大な望遠レンズを備えたカメラマンが増えたように感じられました。
それだけこのフライトフェスタも一般市民の間に根付いてきたようにも感じられました。

私にとっては、今大会は60代最後のイベントとなるため、結果云々にかかわらずオオタカとハリスホークのイベントに参加することに決めて朝家を出たものです。

午前9時過ぎに現地に到着して、早速オオタカ、ハリスホークのエントリーの申し込みを終えて、今回参加している仲間に一通り挨拶を終えた後、まずオオタカ・佐助を手に据えて今度は関係ブースの方々に挨拶をしてきました。
その後もオオタカ・佐助を現地の状況に慣らすべく観客の間を縫って時間の許す限り据え回しを行いました。

午前10時からはイベントが開始され、ハヤブサのルアーパスコンテスト、スカイトライアルズと順調に午前中のイベントが続きました。

私はこの間も各ブースの知り合いの方とお話をしていましたが、特に昨年シロオオタカのロシちゃんの相方を務めて頂いた、韓国からの参加者である「ウーさん」と再会できたことは大きな喜びとなりました。

午後からはオオタカのタイムトライアルが始まり、私のオオタカ・佐助(兄鷹・オス)も参加しましたが、今年は惜しくも入賞することが出来ませんでした。
尾羽がすでに5本折れており、風切り羽4本の羽ベンもボロボロになっていたため当然の結果ですが、やはり大勢の観客に見られていることに圧倒されたのではないかと思います。
これまでの大会で色々あったことから、今年は佐助だけがスタートの位置に立つことにしたのですが、回りは全く知らない人達で戸惑っていたようです。
私は大勢の観客の間を縫って直接ゴール位置に立ったため、佐助にとっては私を見つけるのに時間を要したようで、スタートにも30秒ほどの時間がかかったのではないでしょうか。
それでも最後には私のエガケに飛んできてくれたので結果としては良かったように思います。

ハリスホークの部では、宙ちゃんは2番目と早いスタートでしたが、やはり昨年と同様に高いTパーチに止まるまでに制限時間を超えたために失格となってしまい残念な結果となってしまいました。
ホコでリラックスの佐助

今日は天気が良く幾分風は冷たかったものの、オオタカ・佐助、ハリスホークの宙ちゃんの順で自宅の団地下で飛ばしましたが、佐助の反応は相変わらず好調で最後のルアーによる振り鳩でも素晴らしい競り上がりでのエアーキャッチを見せてくれました。

調教を始めてようやく自由に飛べるようになっても、初めの頃は木に止めて私が歩き出すと、エガケを出していなくても餌を欲しさに私の顔を目掛けて飛んできましたが、その後暫くするとエガケを出していない時は餌がもらえないことを認識して、今ではエガケを出していない時は足に着けた鈴を鳴らしながら私をスルーして私の前の木の枝に止まります。

特に、木に止めたまま農道を歩いていても、カーブで私の姿が見えなくなると私が呼ばなくてもすぐに私を追って飛んできて前の木の枝に止まります。
この時に、鈴の音が遠くから段々と近く聞こえてきますが、私にとってはこの音を聞いている時が、佐助の可愛さを一番実感できる時でもあります。

フライトフェスタでは、ほぼ1日中立ちっぱなしとなり、今日で完全に疲れが取れましたが、来月には70歳の大台に乗りますので来年のフライトフェスタに参加できるかどうか・・・。
まあ、その時の健康次第ですが・・・。

トラックバックURL

http://ryansotamura.blog104.fc2.com/tb.php/441-cb73c62e

この記事へのトラックバック

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/ まとめ