兄ぃと呼ばれて

~セカンド・シーズン

Articles

佐助がワイルドオオタカと、あわやの掴み合い!

一昨日のことですが、いつものように団地下の農道で佐助の「渡り」をしていた時のことです。

谷津田の反対側の斜面の上に生えている高木落葉樹の高い枝には20羽ほどのカラスが止まっていました。
「カァーカァー」と鳴きながら、回りの杉林の上を旋回して頻繁に飛び交っていました。

最初は、この杉林に野生のオオタカでも逃げ込んだのかと思っていましたが、仮に逃げ込んだ場合には、カラスはもっと強烈に警戒してオオタカを追い出しているはずだと思い、結局は繁殖時期に来ているためにカラスが騒いでいるものと思っていました。

これまでも、カラスは私が佐助の「渡り」をしていても初めのうちは警戒して2~3羽が飛んできて上空で鳴いていますが、人間が佐助を飛ばしていることを知っているためか、すぐにいなくなります。
一昨日もカラスがいることを承知で佐助の「渡り」をしていましたが、案の定、最初は少し騒いでいたものの、その後は佐助をテリトリーから追い出すわけでもなく、無視したかのように自由気ままに飛んで騒いでいました。

こうして農道を歩きながら「渡り」をしていましたが、カラスから100mほど離れた場所に来た頃には、カラスが三々五々に飛び散って10分もすると全てのカラスがその場から飛び去って何処かへ行き、高木落葉樹からは1羽のカラスもいなくなってしまいました。

私はその後も佐助の「渡り」を続けていましたが、先ほどまでカラスが止まっていた木の近くで「渡り」をしていた時ですが、向い側の斜面の大きな木に向かって佐助が飛んでいた時に、突然、反対側の斜面に生えている杉の木の中から1羽のワイルドオオタカが佐助に向かって飛び出してきました。
私はすぐに野生のオオタカと分かったため、「ウオ~、ウオ~」と大きな声を出して驚かせるとともに警戒させようとしましたが、佐助とワイルドオオタカは真正面でぶつかるような体勢になり、一瞬ですが掴み合ったようにも見えました。
しかし、2羽とも1~2mほど同時に上空に競り上がったため、掴み合いは何とか免れました。

佐助が掴みに行ってワイルドオオタカがかわしたのか、またはその逆だったのかはわかりませんが、ただ、2羽が同時に競り上がった時にワイルドの方が若干高く競り上がったことを思うとワイルドオオタカがかわしたのではなかったか。
また、競り上がった時には胸や翼の内側が真っ白な美しい色をしていましたのでオスの成長だということも確認できました。

こうして2羽が競り上がった後に、佐助はどんどんと反対側の斜面に向かって飛んで行きましたが、ワイルドオオタカもヒラリと身を翻して再び佐助の後を追って飛んで行き、2羽はほぼ同時に杉林の中へと消えていきました。

私は「しまった。ワイルドオオタカに掴まれたか」と一瞬思い、さらに大きな声を上げて、消えた場所に向かって全力で走っていきました。
斜面下の水路の所まで来てもう一度大きな声を上げた後に、耳を澄まして鳴き声が聞こえないかを確認しましたが、全く鳴き声は聞こえません。

オオタカ同士が掴み合いをすると、掴まれた方のオオタカが「キィー、キィー」と鳴きますので、仮に掴まれていれば鳴き声が聞こえてくるだろうと思っていましたが、斜面上の森は全く静粛そのものでした。
私は幾分ホッとして佐助の探索のため、幅90cmほどの水路を渡り斜面を登っていきましたが、斜面を登り切ると前方でガサガサと落ち葉の鳴る音が聞こえ・・・、「佐助か」と思ったもののそこにはオスキジの逃げていく姿があっただけ。

斜面の上で全方位に耳を澄ませて鈴音を聞いていましたが、周りは全く静粛の中。
そうこうしていると右手の遠くから鈴の音が聞こえたかと思うと、鈴の音は段々と近くなり、佐助がこちらに向かって飛んでくる姿を確認するや、佐助は私の横の杉の木の枝に止まりました。
「おお~、佐助、良く戻ったなぁ」と、これまでの心配がどんどんと喜びに変わっていく自分がはっきりと分かりました。

通常、カラスは自分の縄張りに猛禽が入ってきた場合には、猛禽を縄張りから排除しようとして複数で攻撃をして「縄張りから追い出すもの」と思っていましたので、これまでは「カラスがいればその付近に猛禽はいないもの」と思っていましたが、「必ずしもそうには有らず」ということが分かりました。

ただ、今回は私が行った時には既に多くのカラスが杉の木の近くの大木に止まって騒いでいたということは、杉林に逃げ込んだワイルドオオタカを追い出している途中ではなかったのかとも思われて・・・。

いずれにしても無事に佐助が戻ってきましたので、今後は十分周りに注意して飛ばそうと思っています。

トラックバックURL

http://ryansotamura.blog104.fc2.com/tb.php/442-9d096d18

この記事へのトラックバック

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/ まとめ