兄ぃと呼ばれて

~セカンド・シーズン

Articles

この時期になってようやくシジュウカラが巣箱で営巣を!

毎年、我が家の庭のモッコクの木に巣箱をかけていますが、今年は時期が遅く今になってようやくシジュウカラが営巣を始めました。

今年は3月に入ってすぐに巣箱を設置しました。
4月初めにシジュウカラが営巣しようとしたものの、スズメが巣箱近くの枝に止まるため、スズメよりも弱いシジュウカラは2日間で営巣を放棄しました。
その後はスズメがその巣箱に営巣しようと頑張っては見たものの、入り口が狭くてスズメもなかなか営巣できません。

スズメはやっとの思いで巣材を巣箱に運ぶものの、結局疲れたのかスズメも巣箱を放棄しました。

シジュウカラが、4月から5月のゴールデンウイークにかけて、2回目、3回目と営巣し始めたものの、すべてスズメに邪魔されて、それぞれわずか2日間で放棄しました。

今年はもうだめなのかと思い、5月末には巣箱を撤去しようと考えていましたが、5月中旬から下旬にかけて4度目の営巣を始めました。
今度はスズメに邪魔されることもなく順調に営巣をはじめ、巣材として最初は藁、枯れ草類、その後コケ類、最後は犬の毛と・・・、順調に営巣が進み、ここ3~4日前からは抱卵に入ったようです。
シジュウカラが営巣した巣箱

ただ、シジュウカラは8~12個の土の卵を産むらしく、このことを考えるとまだ抱卵に入るには日数的には早いのかとも感じますが・・・。

営巣状況を見ていると、巣材を運ぶのは殆んどメスだけで、オスは一緒に付いてくるものの、メスが巣箱に入っている間中は電話線の上で鳴きながら周囲の警戒、見張り番をしているようです。

今年も順調にヒナが巣立ってくれればうれしいのですが、今年のように時期が遅いと蛇がヒナを狙ってくることも考えられますのでその点だけが心配の種で・・・。

トラックバックURL

http://ryansotamura.blog104.fc2.com/tb.php/452-6658f2a0

この記事へのトラックバック

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/ まとめ