兄ぃと呼ばれて

~セカンド・シーズン

Articles

佐助が美人で可愛い女子大生と鷹匠体験を!

今もほぼ毎日佐助を飛ばしていますが、6月上旬に農林研究団地の近くで飛ばしていると素敵な女性と遭遇しました。

その日も、日中は暑かったので午後4時過ぎに佐助を飛ばしましただ、毎回同じ場所では佐助も飽きるだろうと思い、いつもとは違う反対側の農林研究所団地へと向かいました。

当時はカラスが寄ってきて慎重に飛ばしていたため、飛ばすよりも手に据えて状況を見ている時間の方が多かったと思いますが、カラスとのバトルも終わり、30分もするとカラスも飽きて何処かに飛んで行き、静かな時間が経過したものです。

そして午後5時を過ぎ、家に帰ろうかと思った頃、道路の前方から自転車に乗った若い女性の方が近づいてきて、通り過ぎるのかと思っていたところ自転車を下りてこちらに近づいてきます。

どうやら鷹に興味があったらしく、私が手に据えている佐助を見て「それは鷹ですか?」と聞いてきました。
「わあ~っ、綺麗、可愛い、お写真撮っていいですか」と何枚かをスマホで撮った後、「いつもこの辺りで飛ばしているのですか、一度飛んでいるところを見たいのですが・・・」

その場では2~3度飛ばして見せたものの、その日は彼女のアルバイトがあり時間が取れなかったため、「今度時間がある時にゆっくりと充分見せてください・・・」とのことで別れました。

そして昨日、バイトがなくて時間が十分取れるということで午後5時過ぎにお会いして、まずは佐助のフライト(渡り)を十分に堪能した後、今度は彼女が佐助を据えてみることに・・・。
佐助を手に据える美人女子大生

予め、据える時の要領、注意点を説明してからいよいよ佐助を手に据えてみました。
初めは怖がっていた彼女も、徐々に佐助に慣れてきたため、胸や足を撫でたり声を掛けたりと大喜びの様子。
佐助も美人の手に据えられて上機嫌の様子で彼女の手に大人しく据わっていました。
何枚か記念写真を撮った後、今度は飛んできた佐助を手で受けてみることに挑戦を・・・。
イベントでいうところの「鷹匠体験」です。

一旦私が見本を見せた後、私が佐助を木の枝に投げて最初はピースミートで呼んでみました。
しかし、佐助は中々彼女の所に飛んできません。
彼女に「大きな声を出して呼んで・・・」と言っては見たものの、華奢な体の彼女の声は可愛くも小さな声しか出ません。

今度は飛んで滑空しやすいように幾分距離を延ばして呼びましたがやはり飛んできません。
餌がピースミートで小さいことが原因かと思い、今度は呼び餌を大きなウズラに変えて呼んでみることに・・・。
佐助を受ける女子大生

そして彼女が呼ぶと、今度は佐助が反応よく木の枝から颯爽と彼女のエガケに飛んできました。
初めてオオタカを自分の手で受けた彼女は興奮気味に大喜び・・・。
何回か佐助を受けた後、今度は記念写真を撮ることに・・・。
私はデジカメで数枚撮ったものの、時間が午後6時頃で幾分暗かったことやカメラの手振れもあり良い写真は撮れませんでした。
それでも彼女のスマホでも動画を撮りましたが、そちらは中々良い動画が撮れたことで彼女も喜んでくれました。

良い写真が撮れていれば、何枚かを来週の夕方5時以降にお会いしてお渡しすることを約束して別れましたが・・・。

佐助のフライトと塒入りまであと数日。
最後の時期に、美人で可愛い女子大生と一時を過ごせたことは、私としては若い彼女から元気を頂いたようで・・・。

彼女と少しお話をしたところ、彼女は今大学4年生。大学との関係で今年は研究所で薬学の勉強をしているそうですが、来年4月には千葉県の大学で大学院に進む予定だそうです。
こうなると、折角お会い出来た彼女との縁も今月でお別れのようです。
これからもお会いして元気を頂きたいと思ったのですが・・・。
ああ、寂しい限りです・・・。

トラックバックURL

http://ryansotamura.blog104.fc2.com/tb.php/454-10ddbf39

この記事へのトラックバック

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/ まとめ