兄ぃと呼ばれて

~セカンド・シーズン

Articles

オオタカ・佐助、今日から塒入りへ!

これまでほぼ毎日飛ばしていたオオタカ・佐助ですが、昨日の朝小雨の中で飛ばそうと思って駐車場のホコに行くと、抜けた鈴付け尾の尾羽が下に落ちていました。

発信機が付けられない状況であったため、発信機なしで飛ばしましたが、あまり遠くには移動せずにいつも飛ばしている場所で30mほどの距離で「渡り」を20本ほど飛ばして終了としました。
まあ、発信機もほぼ電池切れもため今月末で終わろうとは思っていましたが・・・。

昨年の11月初旬に我が家に来た佐助もインプリントのために飛ばすまでに苦労はしましたが、狩猟期間での「鷹狩り」、その後はふれあいを楽しむためのフライト、そして先日は美人で可愛い女子大生とのフライトと、半年以上の8か月に亘るフライトを楽しませて頂き、佐助には感謝に気持ちでいっぱいです。
抜けた尾羽(鈴付け尾)

佐助が我が家に来たことで、私や妻も佐助に対して愛情を注いで「鷹狩り」に、そして散歩でフライトにと楽しみながらも健康増進に一役買っていただきました。

これまでは真冬よりも幾分肉色を低めにして飛ばしてはいたものの、連日飛ばすことになれば毎日ウズラ1羽を与えていたことで徐々に肉色が上がっていたものと考えます。
その結果、昨日の朝に尾羽が抜けてしまったのではないでしょうか。

昨日、飛ばした後にウズラ1羽を与えましたが今朝は朝に1羽、夕方にウズラ半羽を与えました。
これからは、2~3日はこのパターンで餌を与えて素膿を慣らした後、状況を見て朝夕にウズラ1羽を与え、肉色が上がってきたらウズラ1羽、もしくは1羽半にしようと思っています。

これからはただ餌を与えるだけとなりますが、梅雨が明け猛暑になると夕方の水やりは欠かせません。
これから10月下旬から11月上旬までは「塒入り」となりますが、「塒出」の時には佐助がどのように変身しているか、今から楽しみであります。

トラックバックURL

http://ryansotamura.blog104.fc2.com/tb.php/456-074c3a72

この記事へのトラックバック

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/ まとめ