FC2ブログ

兄ぃと呼ばれて

~セカンド・シーズン

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塒入り後、正味2か月で換羽の90%以上が完了か?

昨日でオオタカ・佐助が塒入りしてちょうど2か月が過ぎました。

7月上旬に換羽が始まり、その後も順調に換羽が進み昨日で8月も終わり、ちょうど塒入りから2か月が終了したところです。

これまでの換羽の状況を分析してみると、尾羽は既に古い羽は全部抜け落ちて新しい羽が生えてきています。6本は完全に伸び切っていますが残りの6本の羽が現在も伸びてきており、一番短い羽ではまだ5cmほど伸びた程度です。

風切り羽に関しては、初列はすべて抜け落ちて完了しているものの、次列および3列の風切り羽にはまだ片側当たり4枚ほど古い羽が残っています。
胸の羽毛に関してはほぼ新しい羽毛に向け変わっており、足のすね毛も完了しています。

この調子でいけば、9月末までには今残っているすべての風切り羽が抜け切るのではないかと思われます。
こうして計算してみると9月一杯餌を与え、状況によっては10月の初め又は遅くとも初旬には「詰め」を開始することが出来るのではないかと思われます。

先のオオタカ・疾風は個体が小さいながらも最大で2週間の「詰め」を要したところですが、今回の佐助は疾風よりは一回り体が大きいことから最低でも2週間以上の詰めが必要と思われますが、疾風は網懸け、佐助はインプリントということを考えれば、佐助はそれほどぎりぎり一杯まで詰める必要がないようにも感じられます。
換羽がほぼ完了の佐助

以前に藤田店長から聞いたことがありますが、「網懸けのオオタカは自分で餌を獲り生きていかなければならないため塒の換羽に時間がかかるものの、インプリントは生まれた時から人間に餌をもらっているため餌の捕獲の心配がなく、このため塒の期間が網懸けよりは当然短くなる」とのことでした。

この調子でいけば、当初の予定では10月下旬に詰めを開始して11月上旬にフライトをと考えていましたが、今では10月初旬に詰めを開始して10月中旬にはフライトが出来るのではないかと思えてなりません。

佐助は塒入りを押えて6月一杯まで飛ばしていたこともありますが、インプリントでは正味3か月で塒が完了するようです。

今は毎日ウズラ1羽の餌を与えても全部食べ切ることはなく、3分の1か4分の1は餌を残して下に落としてしまいます。

こんなこともあり、昨日からは餌を減らしてウズラ半身づつを与えていますが、いずれにしても状況を見てウズラの量を加減していこうと思っています。

トラックバックURL

http://ryansotamura.blog104.fc2.com/tb.php/461-9572e013

この記事へのトラックバック

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/ まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。