FC2ブログ

兄ぃと呼ばれて

~セカンド・シーズン

Articles

2週間の「詰め」を終えて、昨日からフリーフライトを!

オオタカ・佐助は10月6日から詰めに入り、ちょうど2週間の「詰め」を行い、昨日からフリーフライトに移行しました。

ここ数日間は雨の日が多く、昨日は晴れ間を利用してのフリーフライトでした。

それまでは、肉色も大分下がってきた11日目頃から、夜の「据え回し」を2日間、そして一昨日は幾分小雨が降って中、合羽を着て昼の「据え回し」をしたところです。

昨シーズンに幼鳥だった佐助を十分に調教していたこともあり、今回は夜の「据え回し」や昼の「据え回し」でも特段に心配することもなく、落ち着いて手に乗って全く私を気にすることもなく、只々景色を見ながらも獲物がいないかと対面の斜面を凝視するのみでした。

時折何かの気配を感じるらしく、林の方面に向かって小首を切りバタつきをすること数回。
それ以外は全く「素直な感じ」といったところでした。そして河川の堤防を歩き出すと、水の流れを見た佐助の態度はガラリと変わり、体がギュッと引き締まり、目は爛々と輝き、佐助は既に「狩りモード」に突入した様子。

そんなこともあり、昨日にフリーフライトを行いました。
肉色も十分に下がり、据下(体重)はマックスで995gだったものが720gまで下がり、指での「肉色あて」でも肉色の下がり具合は十分といったところです。

最初に10mほどの距離で木に投げた後は、距離を30mに延ばして5本ほど飛ばしたものの、筋力が落ちていて十分な飛び方とは言えません。
その後、場所を変えて50mほどに距離を伸ばして飛ばしたものの、やはり飛び方は今一つ。

とにかく、向こう側の斜面に向かって投げても、最初にフワフワと泳いだように上空に向かって飛び、その後水平飛行で飛んで木の枝に止まる始末。

まだまだ競り上がって木に止まるような飛び方ではありません。
飛び方の理想としては、投げた後に最初は低く真っすぐに、そして止まる木に近づいたときに競り上がって枝に止まる、といった飛び方が理想なのですが・・・。

まだ昨日「塒出」を迎えて初めてフライトをしたばかり。これからフリーフライトを重ねていくことで、筋力アップをすれば従来の飛び方になってくるのではないでしょうか。
ただ、「インプリント物」の佐助には、所詮「網懸」の疾風のような飛び方は望めませんし、望んでも出来ないと思いますが・・・。

明日、明後日が台風接近で大雨の予想。次のフリーフライトは早くても24日になりそうです。

トラックバックURL

http://ryansotamura.blog104.fc2.com/tb.php/464-7945aab9

この記事へのトラックバック

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/ まとめ