FC2ブログ

兄ぃと呼ばれて

~セカンド・シーズン

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調教を依頼された片塒のオオタカ、エガケに止まる時のスピードは相変わらず!

13日から本格的に調教を始めた片塒のオオタカですが、若鷹と異なり色々と癖がついているのか、思うようにはいきません。

ただ、飛び、木に止まる時の競り上がり、木に止まる位置、呼んだ時の戻りの反応は「ピカ一」で、申し分がないほどに優れたものがあります。
特に、反対側の斜面の木に止まる時は、木の近くまで行くとどんどんと競り上がり、止まる高さは木の天辺付近、高さ20m以上のことも度々あり、このことだけを見るならばまさに1級品といえるかも・・・。
日を追う毎に、木に止まる高さが高くなっているようにも見えます。

しかし、木から飛んでくるときの高さは滑空で下りたかと思うとエガケと同じ高さで飛んできて、おまけに10mほど手前まで飛んで来ても、どんどんと羽ばたき更にスピードをつける始末。
このため、スピードが余ってエガケに止まっても前のめりにずっこけてしまうか、止まり切れなくてまた前に飛んでいく始末。
ただ、前に飛んで行ったときには3mほど飛んだ後に、Uターンしてエガケに戻ってきます。
エガケに止まる時の衝撃は「ドォ~ン」という感じ。

決して低い肉色で飛ばしている訳でもないのに、どうしてガツいて飛んできてスピードを殺せないのか?

初期調教で、架から呼んでいた時は、スピードをつけてエガケに止まっても、架に戻すときの飛び方は普通に競り上がりスピードを殺して止まっていました。

あまりにも木の高いところに止まるため、まだ滑空の調子が掴めていないのかもしれませんので、今後は木の近くに行き低い位置に止まらせて呼んでみようかとも考えています。

しかし、インプリントのオオタカといえども1年間も放っておくと、色々と癖が固まってきます。

このオオタカですが、手に据えた時には必ず羽を「ハの字」に開くため、居住まいを正そうとして羽を閉じようとすると、初めのころは足を出して嫌がりましたが、今ではようやく足を出さなくなりました。
ただ、据えて歩き始めると自然に羽を閉じて「ピタッ」としますので、あえて無理に居住まいを正す必要もないのですが。

また、据え回しで「胸を触る」、「足を触る」ことは、「夜据え」で十分に馴らしましたので、今では昼でも胸や足を触っても足を出すという心配は全くありません。

こう考えると、後はエガケに止まる時にスピードを殺してスムーズに、できれば「フワァ~」と止まってくれれば及第点なんですが・・・。

しかし、私の顔を見れば必ず「ピイ~、ピイ~、ピイ~」と大きな声で鳴きますので、住宅地では近所迷惑で苦情が来るのではないかと中々神経を使います。
ただ、当初は四六時中ないでいましたが、今では私と顔を合わせない限りは鳴くことが少なくなってきましたが・・・。

あと何日でお客様に引き渡すことができるのか・・・?

トラックバックURL

http://ryansotamura.blog104.fc2.com/tb.php/467-4706e62f

この記事へのトラックバック

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/ まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。