FC2ブログ

兄ぃと呼ばれて

~セカンド・シーズン

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年の初猟での昨日はコガモ、カルガモをゲット。そして今日はカルガモ2羽をゲット!

鷹を愛する皆様、新年明けましておめでとうございます。

今年のお正月は好天に恵まれたものの、3が日は強風に悩まされたお正月でした。
我が家では子供達が揃い、総勢9名での賑やかで楽しいお正月を過ごさせていただきましたが、狩りの腕が唸っていたのも事実。

昨日長男夫婦が帰る時に、冷凍庫にあった処理されたカルガモをすべて持たせたため、ようやく冷凍庫にスペースが出来たことからお昼前に近くの河川へ狩りに出かけました。

スーパームーンの十五夜、十六夜と月明かりが明るかったため、カモは河川に付いていないのではと心配していましたが、現地に着いてみて、その不安は一掃されました。

堤防を歩き始めると早速コガモの群れがあり、佐助を羽合わせると果敢に突っ込み水中に潜られる寸前にエアーキャッチ。
幸先よくコガモをゲット。

その後、コガモを腰のベルトに挟んで上流に向かうと早速カルガモの群れに遭遇。
確実にと思ってアプローチを取ろうとしましたが、佐助が我慢できずに羽を割ったためカルガモは一斉に飛び立ち投げることが出来ず。

そうした場面が3回ほどあり、「今日はダメか」と思っていると上流にカルガモの群れを発見。
佐助をカルガモに見せないようにと土手の端を歩きながら近づいてみると、遠くからは2羽と思っていたカルガモが6羽ほどの程よい数の群れとなっていました。

群れの真横まで来て佐助を羽合わせると、佐助は一斉に飛び立ったうちの高く上がったカモを追い見事にエアーキャッチしたものの、そのまま水中にドボォ~ンと落下。
「逃げられたかぁ~」と思い、急いで土手下の萱の隙間から水面を見てみると、佐助ががっちりとカルガモの上に乗って押さえ込んでいます。
ようやくカルガモをゲット。
コガモ、カルガモをゲット

今年初めての「鷹狩り」で、コガモとカルガモをゲットできたことで何となくほっとすることが出来ました。

そして今日、昨日4か所ほどにカルガモが付いていたため、「柳の下のドジョウ」を求めて再び同じ河川に行ってみました。

しかし、昨日の今日、やはり同じ場所にカルガモの姿はなし。しかし最上流でカルガモの群れを発見して佐助を羽合わせると1羽が川筋を離れて土手側へと飛んでいきます。それを追って見事にエアーキャッチ。私は水深の浅いところを選んで対岸へ、そして据え上げを行い何とか1羽をゲット。

その後、対岸から下流へ向かい歩き、「もう終わりか」というところでカルガモの大きな群れを発見。
慎重にアプローチを取り、群れの真ん中目掛けて大きく羽合わせると、低く土手を滑空したと思った佐助が、大きく上空に飛び立った1羽を目掛けてアタック。
そのまま水中に落ちたものの、水中で大きくカルガモと格闘していましたが何とか持ちこたえて据え上げに成功。
カルガモ2羽ゲット

こうして今日はカルガモを2羽ゲットすることが出来ました。
しかし、毎回思うのですがこの河川、あまりにも大きすぎてカモ狩りも成功率が低いのが現状。あと、5mほど川幅が狭ければもっと猟果は上がるのではと・・・。

しかし、あまり獲っても下ごしらえが大変なことを考えると、1回の出猟でカルガモ1羽獲れれば丁度よいのではと思うことも・・・。

トラックバックURL

http://ryansotamura.blog104.fc2.com/tb.php/472-824718b2

この記事へのトラックバック

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/ まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。