兄ぃと呼ばれて

~セカンド・シーズン

Articles

連休明けの出猟でコガモ2羽とカルガモをゲット!

成人の日を含めた3連休も終わり、連休後初めて出猟しました。

行った場所は今年初めての所だったのでカルガモが相当居付いているものと思い期待していましたが、結果は全く裏切られてしまいました。

仕方なくコガモを狙うことに・・・。最初は3羽しか見えませんでしたが近づいていくと手前の草むらで休んでいたと思われるコガモがぞろぞろと出てきて総勢で10羽ほどの群れになりました。
群れの真ん中を目掛けて気合を入れて羽合わせると、一斉に飛び立ったうちの川筋から外れて土手の方に逃げたコガモを5mほど追ってエアーキャッチ。

川の中に入り対岸に渡って据え上げましたが、佐助は水に濡れることもなく第1投目でコガモをゲット。何となく幸先の良いスタートとなりました。
その後場所を変えて別の河川に行きましたが、やはりここでもカルガモの姿は全くなし。
コガモ2羽とカルガモ

堤防を歩いていると対岸の堤防下の水際で休んでいる数羽のコガモの群れを発見。コガモは顔を後ろに向けて休んでいる様子。
うっかりすると見逃しそうな場所でしたが佐助はしっかりと気付いていました。
距離は幾分あったものの、群れを目掛けて思いっきり羽合わせると、オオタカに気づき一斉に飛び立った群れの1羽をエアーキャッチして水中にドボーンと落下。
「逃げられたか?」と思ったものの水中でバタつきながらもガッチリと掴んでいる様子。
ゆっくりと水の中に入り無事に据え上げ。
午前中にコガモ2羽ゲットとは上出来の猟果。
ゲットしたコガモを腰のベルトにぶら下げてそのまま上流へ・・・。

上流ではヒドリガモの大群に出会ったものの投げる前に佐助が早ってバタついたため一斉に飛び立たれてジ・エンド。

午前中から強い風があったものの、午後になると風はさらに強くなり手に据えている佐助が風にあおられてバタつきこともしばしば。

午後からは、場所を変えて別の河川へ行きましたがあまりにも風が強いため、あきらめて帰ろうとして上流に向かって引き返そうとしたところ、下流側から飛んできた5羽のカルガモの群れが上流100mほど先の所に着水したのが見えました。

「チャンス到来」とばかりに慎重にアプローチをするも、立つ位置は風上側で好条件。
これが最後のチャンスとばかりに気合を入れて羽合わせると、上流と下流の2手に分かれて逃げたカルガモのうち、風下の下流側に逃げた群れを追いエアーキャッチして土手の葛の枯れた蔓の中に落下。
枯れた蔓の中でバタつき格闘していましたが、私が水の中に入り大股で近づき土手に上がる間も佐助はカルガモと格闘中。
ようやく追いついて無事に据え上げを行い、今日の狩りはこれにて終了。

最後のカルガモは強風の中、良く掴んで離さなかったものだと佐助に感謝あるのみ・・・。

また1週間後にはこの場所に行ってみたいものです。

トラックバックURL

http://ryansotamura.blog104.fc2.com/tb.php/473-6a7f2d1a

この記事へのトラックバック

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/ まとめ