FC2ブログ

兄ぃと呼ばれて

~セカンド・シーズン

Articles

カルガモを獲れずともコガモとヒドリガモをゲット!

昨日も狩りに出かけましたが、カルガモには出会えずに出会えたのはコガモだけ。
そのコガモも獲れずにオデコで家に帰ってきました。

また昨日は気温が高く、4月中旬並みの天気も影響したのか、河川にはオオバンの大群が・・・。
2か所の河川を回りましたが、どちらもオオバンが異常発生したのではないかと思われるほどの数。河川を上から下へと見渡せば、あちこちにオオバンがいて多いところでは30羽ほどが群れを成して水浴びをしていました。おまけに土手の上に上がってくつろいでいるオオバンも多数いたりして…。
どうして急にこんなに増えたのかはわかりませんが、これまでは一体どこに隠れていたのかと不思議でなりません。

さて、気を取り直して今日は別の河川に行ってみました。
最初の場所では10羽ほどのカルガモがいたものの、あまりにも浅い水路で、これまでも「この水路で獲れたためしはなし」ということで、この場所をパスをして次の場所へ・・・。
次の河川ではコガモの大きな群れが付いていたものの、アプローチに失敗して佐助にバタつかれたため一斉に飛び立たれてしまい投げることすら出来ず・・・。

次の河川に移動して堤防を歩いていると3羽のコガモの群れを発見。幸いこちらには気づかずに水浴びをしています。
慎重にアプローチを取り佐助を羽合わせると、何とか追いついてエアーキャッチして対岸の土手に落下。川に入り対岸で据え上げをしてとりあえずコガモを無事にゲット。

場所を別の河川に移動してカルガモを求めたもののカルガモの姿はなし。堤防を歩いていくと100mほど先に大きなカモの群れが・・・。
佐助に見せないように堤防の外側を腰を低くして歩き近づいてみると、何とヒドリガモの大きな群れでした。
とにかく佐助に獲物を獲らせてやりたい、獲るのが佐助の本能、ということで、私の本命ではなかったものの、群れの中央に投げてエアーキャッチしたものの、そのまま水中に落下。
何とか逃げられずに掴んで押さえていたため、川の中央で据え上げてヒドリガモをゲット。
コガモとヒドリガモ

昼食後、さらに別の河川に移動してカルガモを狙いましたが、コガモと一緒に居たり、木の枝が邪魔をしたりと、3度カルガモに当てたものの獲り切れず。
もっと良い位置でカルガモに当てることが出来ればと思うのですが、中々そうは問屋が卸してくれません。

トラックバックURL

http://ryansotamura.blog104.fc2.com/tb.php/476-1588e8a3

この記事へのトラックバック

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/ まとめ