FC2ブログ

兄ぃと呼ばれて

~セカンド・シーズン

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大雪の雪掻きの後で買い物に行き、その帰りに見つけてカルガモをゲット!

昨日は関東地方にも大雪が降り、我が家の近辺では積雪18cmにもなりました。

天気予報を見ながら昨日の午後10時には、駐車場のガレージの屋根雪を少し下ろしておきましたが、今日は幸い朝から晴天に恵まれました。
朝起きてみると一面が真っ白の雪景色。
朝食後、玄関から門扉、道路と雪掻きを行い、午前11時前にはほぼ終わりました。
その後、午前中はゆっくりと過ごし、午後には買い物に出ましたが、その帰り道に近くの河川を覗いてみました。
幹線道路は雪解けが進み、殆んど雪がなかったものの河川の堤防には、まだべた付いた雪が多く残っていました。
堤防に残っている雪を踏みしめながら上流に歩いていくと100mほど先にカルガモの群れが戯れているのが確認できました。
これ以上近づくと逃げてしまうと思い、その場を引き上げて我が家へ直行。
買い物した品物を家に置き、佐助を連れていざ、そのカルガモがいる河川へ・・・。

まだ雪が残っている堤防に車を乗り入れて、ウエーダーに履き替えて佐助を据えていざカルガモがいた橋の上流へ・・・。
雪の上を慎重になるべく音を立てないように歩きながら近づいたものの、上流に行くにしたがって段々と堤防が低くなり、カルガモには見られやすい状況に・・・。
案の定、あと30mほどの距離に詰めたもののカルガモに見つかってしまい逃げられてしまいました。

一旦車の所まで戻ってきたものの、昨日の大雪で、もしかしたら下流側にもカルガモがいるのではないかと思い、下流側の堤防を探ってみることに・・・。
橋の上からでは下流側でカルガモが戯れている姿は全く見られませんでしたので半分は諦めていましたが・・・。
堤防を歩きながら慎重に対岸の草むらを見たものの、草むらに隠れているカルガモは居ない様子。
しかし、手前側の草むらの様子はこちらからは全く見えないために、カルガモが居るのか居ないのかは全く分かりません。
そのような状況で堤防を下流側に歩いていると、私の足音の気配を感じたのか、堤防の手前の草むらから1羽のカルガモが飛び立ちました。すかさず佐助を羽合わせると見事にエアーキャッチして対岸の堤防に落ちました。
そのエアーキャッチした瞬間に堤防の草むらからは、更に5~6羽のカルガモが一斉に飛び立って逃げていきました。
カルガモをゲット
私は川の中に入り、対岸に上がり佐助の所に行くと佐助はガッチリと頭取りをしておりカルガモは観念した様子でおとなしくなっていました。
昨日、今日と大雪のため家でゆっくりと休養する予定でしたが、買い物に行ったことで思いがけなくカルガモをゲットすることが出来ました。

明日は予定していた河川へ狩りに行こうと思っていますが、この大雪で川にカルガモが付いているのではないかと期待が持てます。
しかし、期待した時に限って期待を裏切られることが多いようで・・・。

トラックバックURL

http://ryansotamura.blog104.fc2.com/tb.php/477-f06d712e

この記事へのトラックバック

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/ まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。