FC2ブログ

兄ぃと呼ばれて

~セカンド・シーズン

Articles

人鷹一体といかずとも何とかカルガモをゲット!

今日は元職場の上司に会いがてら狩りに出かけました。

上司とは1時間ほどの思い出話に花が咲きましたが、折角だからオオタカを見せてほしいとのことだったので輸送箱から佐助を出して庭で数回飛ばして見せました。
あまり長く話していると狩りの時間が無くなるため、その後別れて一路狩場へ・・・。

昨晩の厳しい冷え込みもあって予定していた第1狩場の河川は水面に氷が張っており狩りにならず。
続いて移動した河川ではコガモがいたものの前回同様に仔犬を連れた散歩中のお婆ちゃんと再び遭遇して話し込むうちにコガモに飛び立たれてその狩場もオジャン。

3か所目の河川では今回はカモの姿は見えず。
4か所目の狩場に移動して橋から下流側を見るとカルガモの群れが・・・。
慎重にアプローチするも投げる前に佐助が早ってバタつき、慌てて投げるもタイミングが合わずカルガモの群れには余裕を持って逃げられてしまいました。

その後、上流でコガモに2回羽合わせるも、あと少しでゲットならず。

昼食後別の河川に移動するも中々カルガモの群れには出会えません。
一番下流側でようやくカルガモの群れを発見。
慎重に羽合わせようとしたものの今回も佐助が早って先に飛び立とうとして失敗。
なかなか人鷹一体とはいきません。
佐助は段々と回数を重ねるごとに先に飛び立とうとする癖がついているようで、いくら私の体で隠そうとしても、水面が見えない状態でもその位置にカモがいることが本能で分かるのではないかと思う場合が良くあります。
堤防下を歩いていてもカモの姿はおろか水面が見えない状況でもその場所に来ると羽を割ることもしばしばあります。

今日はあきらめて橋を渡り上流側に向かって歩いていると、対岸の草むらに隠れていたと思われる3羽のカルガモが泳いでいるのに出会い、今度こそは最後のチャンスと慎重にアプローチ。
ようやくカルガモをゲット

カルガモの真横に来たので気合を入れて思いっきり羽合わせると、一斉に飛び立ったうちの最後尾のカルガモをエアーキャッチして水中に落下。
カルガモは逃げようとして必死で水中に潜ろうとしていますが、佐助はバタつきながらも必死で堪えています。

私は急いで河の中に入り、水中でカルガモの首を掴まえて無事に据え上げてようやくカルガモをゲットすることが出来ました。

今日はこの1羽で十分満足することが出来ました。
人鷹一体がもっと確実に出来ればもっと猟果も上がるのではないかと思うのですが・・・。

トラックバックURL

http://ryansotamura.blog104.fc2.com/tb.php/479-cb1ec59e

この記事へのトラックバック

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/ まとめ