兄ぃと呼ばれて

~セカンド・シーズン

Articles

久しぶりにコガモをゲット!

昨日も坊主だったため、今日は場所を変えて別の河川へ行ってみました。

これまではカルガモを獲ろうとしていたため、コガモがいても遣り過ごしていたところです。
というのも、仮にコガモを狙っても中々獲れるものではなく、掴む寸前で水に潜られでもしようものなら佐助も一緒に川にダイビングして体はびしょ濡れ。
こうなると、羽を乾かすのに時間がかかり、次にカルガモが居ても羽が乾いていないと投げることが出来ません。
そんなことからコガモは幾分敬遠気味にしていたのですが・・・。

しかし、こうもカルガモの姿が見えないのであれば積極的にコガモにターゲットを絞るしかありません。

そこで、今日はコガモでも積極的に狙っていこうと思い、別の河川へと狩りに出かけました。

狩場に着くと早速土手際で水草を啄ばんでいる数羽のコガモの群れに出会いました。しかし、手前側の土手のため近づくのは無理だろうと思いながらもできるだけ慎重に近づいたものの、1羽のコガモの頭が見えた瞬間に佐助が羽を割ってバタついたため、投げる前にまんまと逃げられてしまいました。

次の場所に移動したものの、いつも群れを成しているところに今日はコガモの姿はなし。
さらに上流へ行くと、土手の上の枯れ草の上で首を後ろに曲げて寝ている2羽のコガモを発見。
そこに狙いをつけて思いっきり羽合わせてみたものの、掴む寸前でミスに潜られてしまい佐助の体はびしょ濡れ状態に・・・。
どうもコガモを目掛けて飛んでいくときに、鈴の音で気付かれてしまっているような気がしてなりません。

更に場所を変えて別の河川に行くと、3羽のコガモが水に潜って水草を啄ばんでいました。
しかし、手前には堤防に生えた木の枝が邪魔をして中々良い状態では投げることが出来ません。やむを得ず、距離は幾分遠くなるものの2mほど上流へ移動してその位置から思いっきりコガモに羽合わせました。
久しぶりのコガモ

3羽が一斉に飛び立ったもののコガモが水にダイビングするのと佐助が掴むのとはほぼ同時。
「今回も逃げられたか~」と思いましたが佐助はガッチリと水の中でコガモを掴んでいます。
私は急いで川の中に入り据え上げましたが、佐助は上からコガモの胴体をガッチリと掴んでいました。まさに「鷲掴み」といった感じです。

1月19日以来、久々にコガモをヒットすることが出来ました。
その後、ヒドリガモに1回、コガモに3回当てては見たもののいずれも失敗。

しかし、今日は久々に良い運動が出来ました。

トラックバックURL

http://ryansotamura.blog104.fc2.com/tb.php/482-912b89dd

この記事へのトラックバック

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/ まとめ