FC2ブログ

兄ぃと呼ばれて

~セカンド・シーズン

Articles

猟期最終日はカルガモにことごとく外されるも、何とかコガモをゲット!

今日が鷹狩りのできる最終日ということで、いつもより早めに家を出ました。

今日は4月中旬頃の気温になるとの予報で、あまり暖かくなると川にカモが付いていないのではと幾分心配していましたが・・・。
結果としては川に結構カモが付いていました。

最初の場所と次に移動した場所では全くカモの姿を見ることが出来ずに、ただ佐助を据えて堤防を歩くのみでした。

3か所目の河川に移動して橋の手前で車を止めて河川を見てみると、30mほど上流の所にヒドリガモの小さな群れがありました。
4~5羽の群れが10mほど離れて2か所に点在していましたので早速車に戻り佐助を据えてポイントの場所へ・・・。
今回はぴたりとタイミングはあったものの獲り切れず。

最上流に移動して今度は下流側に向かって堤防を歩くと、水面に1羽のカルガモが泳いでいます。しかし3mほど下流には手前の土手に上がって休んでいるカルガモもいます。
私は水面で泳いでいる上流のカルガモに羽合わせたところ見事にエアーキャッチして水の中に落下。
急いで川の中に入りましたが、私が据え上げに行く前に外されてしまいました。
この場所には土手に隠れて見えませんでしたが合計5羽のカルガモがいました。

次の場所でも後ろから追いついてエアーキャッチしたものの落下途中で外されてしまいました。

次の場所でもほぼ真横からエアーキャッチして水中に落下して、今回は完全につかんだと思ったものの、またも外されて佐助だけがびしょ濡れに・・・。

毎回水中に落下して佐助の体を乾かすのに一苦労。ただ今日は日差しが強くて暖かく、風も適度にあったため体を乾かすのには助かりましたが・・・。
こんなに外されるのは、今日は運がないことの証。
最後の場所では最初に3羽のコガモを発見したものの、カルガモにこれだけ外されていてはコガモなど獲れるはずもなく、と思いつつも「物は試し」、「獲れなくて元々」のつもりで距離は幾分あったものの、思いっきり羽合わせてみました。

佐助に気付いたコガモは一斉に飛び立ったため「やはりダメだったか」と思っていましたが、その寸前で佐助がコガモを押えたらしく水の中で逃がさないように頑張っている様子。
私は急いで川の中に入りそばに行ってみると水中には佐助が掴んだコガモの姿が見えました。
最終日のコガモゲット

獲ったコガモをベルトに挟み、佐助の体を拭きながら車に戻ろうとしていると、下流側から飛んできた1羽のカルガモがちょうど私の目の前に着水したところ。
この場所からは萱が邪魔をして狙えないことや佐助の体がまだ乾いていないこともあり、上流の橋を渡って対岸へ回りました。

カルガモの居る場所まで来ましたが、まだ悠々と泳いでいます。
「今度こそ」と思いを込めて飛び立ちと同時に羽合わせたところ、今度は「完全にエアーキャッチして水中に落下」したと思い、内心そわそわしながら急いで土手を駆け下りたものの、水の中に入ろうとしたときに佐助だけが土手に戻りました。
またしても外されてしまいました。

こういう日もあるんですねぇ~。

カルガモについては4回ともエアーキャッチしたものの、すべて外されてしまい散々な結果に・・・。

そうはいっても最終日で何とかコガモをゲットすることが出来ました。
コガモ1羽でも、獲物が取れれば良しとしなければ・・・。

今日で鷹狩りも終わりかと思うと一抹の寂しさが残ります。
皆さんの鷹狩りの結果はいかがでしたか。

トラックバックURL

http://ryansotamura.blog104.fc2.com/tb.php/486-3457b10c

この記事へのトラックバック

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/ まとめ