FC2ブログ

兄ぃと呼ばれて

~セカンド・シーズン

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017~18シーズンの「鷹狩り」の総括、全体で31羽をゲットして終了!

2月15日で猟期も終了しました。

10年前には大勢の仲間達と鷹狩りをしていたものですが、それぞれが年齢を加えて生活体系が変化したこともあり、鷹狩りのメンバーも変化してきています。

私も段々と年をとってきて昨年「古希」を迎えたことで、体力面も10年前と比べて相当落ちてきており、今ではボサに入る気力が全くありません。
そんなことから近年ではもっぱら足場の良い河川の堤防を歩いて鴨狩に専念しているところです。

今シーズンは猛禽屋のお客様のオオタカを調教していたこともあり、鷹狩りを始めたのが昨年12月の下旬からと遅くなりました。
それでも年内にはいくつかのカルガモを獲ったので、お正月に家族が揃った時にはオオタカ・佐助が獲ったカルガモでジビエ料理を楽しんだところです。

年が明けて今年に入ってからは、1月中旬ぐらいまでは順調に猟果を延ばしていましたが、下旬に入ってからはいつもの狩場にしている河川ではカルガモがぴたりと居なくなってしまい、ついにはコガモまでが居なくなりました。
これは毎年同じような現象で、いわゆる「場荒れ」によってカモが居付かなくなったようです。

それでも別の河川には行く度にカモが付いていて、何とか猟果を延ばすことが出来ました。

ただ、その猟果も思うようには伸びず、原因としては佐助の能力もありますが、一番の要因は人鷹一体に欠けたことではなかったか。

オオタカ・佐助はカモの姿を見れば私が羽合わせる前に羽を割るため、やすやすとカモに逃げられてしまったことが数多くありました。
以前はこのようなことはあまり見られなかったと思うのですが、今年は特に後半にはその頻度が多くなりました。

このことを防ぐため、カモに近づくときには私が体で隠しますが、佐助は体を横に乗り出して獲物を見つけますからあまり効果がありません。
また、土手よりも一段低くなった畑側を歩きカモに近づこうとしますが、佐助からは全く水面が見えないほど低い位置で据えているにも拘らず、カモの近くまで来るとどうしたことか本能的に気配を感じてバタつくため、鈴の音でカモに気付かれてしまい、結局逃げられてしまいます。

こんなこともあったので2月初旬には佐助の鈴を外して狩りをしたものです。
一応の効果はあったようですが、堤防の上に上りカモに羽合わせようとすると佐助が先に羽を割り、タイミングが全く合わないことも数多くありました。
これは、私が佐助を投げようとして腕を後ろに引いたときに、佐助はその先に獲物がいることを学習しているのではないかと思うことさえありますが・・・。

来シーズンは、この佐助の癖を矯正するか、私が投げ方、アプローチの仕方を考えて行動しようと思っています。

そうは言っても今シーズンもそれなりに猟果はあり、鷹狩りを楽しむことが出来ました。
また、カモが居なくても狩りに出かければ、1日に歩く距離は5km以上になり、1日に何か所もの河川を回ると10kmほどの距離になるため、健康増進としての効果もあります。

今シーズンの猟果としては、コガモ8羽、カルガモ16羽、ヒドリガモ6羽、バン1羽で、合計では31羽を獲ることが出来ました。

カルガモでは佐助がエアーキャッチして掴んだものの、私が据え上げる前に逃げられたことが多く、課題が残りましたが、コガモが8羽獲れたことで幾分安堵しています。

これからは、今年は5月末ごろまでオオタカ・佐助とハリスホークの宙ちゃんを飛ばして「鷹とのふれあい」を楽しもうと思っています。

トラックバックURL

http://ryansotamura.blog104.fc2.com/tb.php/487-65ee442e

この記事へのトラックバック

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/ まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。