FC2ブログ

兄ぃと呼ばれて

~セカンド・シーズン

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうやらシジュウカラのヒナが孵化したようで!

庭の木に掛けていた巣箱でシジュウカラが営巣を始めていましたが、どうやらヒナが孵化した模様です。

シジュウカラが産卵を始めた時はあまり分かりませんでしたが、抱卵を始めた時は良く分かりました。
抱卵が始まるとメスのみが抱卵をしてオスは全く卵を抱きません。
ただ、オスは巣の見張りをしているようで、時々巣の近くの電話線に止まり、「ピーィ」と鳴いて合図をするとメスが巣の中から出てオスと一緒に食事に出かけるようです。

このような様子が繰り返されていましたが、24日に何気なく巣を見てみると、これまでめったに巣に近づかなかったオスが巣の前の木の枝に止まっていました。
そして、その後巣の中に入っていくのを見た時、もしかしたら孵化をしたのではないかと感じました。
一昨日にはオスが完全に巣に出入りを始め、口には仁丹ほどの小さな餌を加えているようにも見えました。またメスも頻繁に出入りをするようになってきたため、卵が無事に孵化したことを確信したところです。
巣に餌を運ぶシジュウカラ

昨日から親鳥が嘴に咥えたエサも肉眼で確認できるようになりましたが、家の中から双眼鏡で見てみると、小さな青虫を咥えて巣の中に入っていきました。
まだ、ヒナの鳴き声は聞こえませんが、明日、明後日頃には親鳥が巣の中に入っていくと餌を求めて鳴くヒナの声が聞こえてくるのではないでしょうか。

毎年のことですが、こうなるとヒナの鳴き声が日増しに大きくなり、ヒナがどんどん成長していく様子が手に取るようにわかってきます。
餌を運ぶ回数も、今は5~10分毎ですが、巣立ち前になると3分毎に1回と、その餌を運ぶ回数が多くなり、また餌となる虫の個体も大きくなりますから、親鳥がヒナに餌を与える給餌の様子にも大きな変化が現れます。

この様子では、ヒナの巣立ち予定は5月12~13日頃になる予定です。
あとはヘビが来ないことを祈るばかりです。

トラックバックURL

http://ryansotamura.blog104.fc2.com/tb.php/492-08759329

この記事へのトラックバック

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/ まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。