FC2ブログ

兄ぃと呼ばれて

~セカンド・シーズン

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オオタカ・佐助、シーズン最後のフライトを終えて今日から「塒入り」へ!

狩猟時期を終えてもその後佐助とのフライトを続けてきましたが、昨日でシーズン最後のフライトを終えて今日から「塒入り」となりました。

5月に入ってからも気温の高い日が続いたため、ゴールデンウイークが過ぎたころからは、毎日飛ばす時間を夕方から早朝に切り替えてオオタカ・佐助を飛ばしていたところです。

朝5時半ごろに起きて準備をして6時前から7時半ごろまでの約1時間半を目途に飛ばしていましたが、早朝は空気がきれいで私も清々しい気分で佐助を飛ばしていました。
佐助にとっても夕方よりも早朝の方が気温が低いために気持ちよく飛んでくれました。

1週間ほど前には3列風切り羽の1対が抜けたものの、その後は全く羽が抜けませんでしたのでそのまま飛ばしていたところです。
今でも風切り羽や尾羽は1羽も欠けることなく綺麗に揃っているものの、羽の先端部の羽ベンには若干傷みが見られるようになり、佐助の体もそろそろ羽の生え変わる時期に来ているのではないかと見受けられるようになってきました。
佐助のシーズン最後の渡り

まだ我が家の家庭用冷凍庫には、狩りで獲ったカルガモの足界(モモ肉)が相当残っているため、これが無くなる迄は佐助を飛ばそうと思っていましたが、あまり長くフライトを伸ばすと狩猟時期には間に合うものの、秋のイベントには間に合わなくなる虞が出てくるのではないかとの懸念もあるため、やむを得ずに今日から「塒入り」としたところです。

昨年の10月下旬から昨日までの8か月強の期間にわたり、狩猟期間も含めてふれあいを楽しんできましたが、オオタカ・佐助も「塒入り」により今日から10月中旬頃までの約4か月間はゆっくりと餌を食べて換羽に専念してくれるのではないでしょうか。

これからは鷹道具の手入れと共にエガケの作成に時間を費やそうと思っています。

トラックバックURL

http://ryansotamura.blog104.fc2.com/tb.php/497-ef496d48

この記事へのトラックバック

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/ まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。